ZOOMの画面共有の方法を徹底解説!【2020年最新版】

ZOOM

こんにちは、くぼじゅん(@kubojun1983)です。

WEB会議って遠隔の人同士がコミュニケーションできるので超絶便利なのですが、どうしても言葉でだけで伝えるのには限界がありますよね。

トークのみならず、実際の資料をみながら説明できたほうが会議も円滑に進みますし、特にビジネスならなおさら重要です。

今回ご紹介する「画面共有機能」はZOOMではよく使う機能なので習得するようにしましょう。

ZOOMの画面共有機能のすごいところ

画面共有機能を使うことで、自分のパソコンやスマートフォンおよびタブレット端末に表示されているスクリーンを相手にも共有することができるようになります。

この機能は、会議主催者のみならず参加者側も使うことができます。

はじめに、ZOOMの画面共有機能で共有可能なものを確認します。

資料の共有

ZOOMを使うことでインターネットページやパワポ、PDF、写真等々、今開いている色々な画面を共有可能です。

よって、自分が画面を共有して資料の説明をしたり、逆に相手に画面を共有してもらいリモートで指示をすることもできるようになります。

もっというと、ZOOMにはWEB会議の内容を録画する機能も完備されているので、後で振り返って共有内容を確認することができます。

ホワイトボードの共有

ZOOMの共有事項として、ホワイトボードを活用することもできます。

特筆すべきなのは、ホワイトボードには文字の入力や図形を入れ込む機能があり、ペンでお絵かきもできます。

こちらは、主催者・参加者ともに操作可能で、お互いのブレインストーミングなどで役立ちます。

さらに、議論したアウトプットは画像として残しておくこともできます。

コメントの入力

ZOOMでは、シェアしている画面にコメントや注釈が付与できます。

共有している資料について議論をしながら、補足点を追加したり、マーカーを付すこともできるのでより会議が深くなります。

しかし、このコメントはほかの人も見ることができるのでご注意ください。

この設定はホストがコメントをOFFにもできるので開催規模に応じて調整するといいでしょう。

画面共有の具体的な方法

ホストが画面を共有する

ホストがWEB会議中に自分の画面を共有する方法について解説します。

【アクション❶】画面下の「画面共有」をクリック

【アクション❷】一覧から共有したいものを選択する

【アクション❸】

「共有」をクリック

参加者が画面を共有する

参加者に画面を共有してもらう際も同じ手順となります。

共有してほしい画面を伝えて、参加者に操作してもらってください。

違う画面を共有したい場合は?

ほかの画面を共有したいときは、次の操作を行ってください。

【アクション❶「新しい共有」をクリック】

【アクション❷】一覧から共有したいものを選択する

【アクション❸】「共有」をクリック

特に回数の縛りはないので、何度目も画面共有を使うことができます。

画面共有を止めるには

もし画面共有を止めたければ、「共有の停止」をクリックすれば止まります。

共有画面を閉じることで強制的に共生を停止させることも可能です。

リモート操作もできるんです。

相手が操作方法が分からない場合、こちらが代わりに作業を遠隔で変わってあげることができます。

手順は下記となります。

【アクション❶】参加者から画面を共有してもらう

【アクション❷】共有メニューから「リモート制御」のリクエストを実行する

【アクション❸】参加者にリクエストを承認してもらう

まとめ

いかがでしたか?

今回はZOOMの画面共有の方法を解説しました。

あなたの快適なWEB会議の一助となれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました