ZOOMのブレイクアウトルーム機能を使いグループ分けをする方法【2020年最新版】

ZOOM

こんにちは、、くぼじゅん(@kubojun1983)です。

コロナで在宅勤務を始めたり、家で副業をしたりする人が増えている現在、ZOOMを使いお仕事をする人もいると思います。

この記事では、ZOOMの機能として知っておくと便利な「ブレイクアウトルーム機能」を使いグループ分けをする方法を解説します。

この機能は、無料アカウントでも使える機能でして、特にグループワークをするために、参加者をグルーピングするときに役立ちます。

この記事を最後まで読んで、使いこなせるようにしましょう。

ブレイクアウトルーム機能についての説明と使い方

ブレイクアウトルーム機能は、ZOOM会議に参加している人を小さいグループ単位に分けることが出来るものとなります。

使用に当たる注意点は下記の通りです。

●ホストのみ、他のグループに自由に出入りできる
●ホストのみ、使用可能
●最大で50のブレイクアウトルームを作成可能
●参加者は手動でも自動でも各ルームに割り当て可能

ブレイクアウトルームの設定方法

【アクション❶】右上の「マイアカウント」をクリック

【アクション❷】「設定」をクリックし、ミーティングページを開く

【アクション❸】ミーティングページを下にスクロールし、「ブレイクアウトルーム」をON

ここで「スケジューリング時にホストが参加者をブレイクアウトルームに割り当てることを許可する」をONにすることで、ホストが事前に割り当てを行うことも可能です。

ブレイクアウトルームを使うには、参加者のZOOMログイン時のメルアドが必要になるので事前確認しましょう。

WEB会議開始前に参加者を事前にブレイクアウトルームに割り当てする方法

【アクション❶】「ミーティングをスケジューリングする」をクリック

【アクション❷】「ブレイクアウトルーム事前割り当て」にチェック

「ルームを作成」をクリックしルームを手動で管理します。

ZOOM参加者が多ければ、「CSVからのインポート」をクリックし、一括処理を試してください。

WEB会議開始後に参加者を事前にブレイクアウトルームに割り当てする方法

【アクション❶】「ブレークアウトセッション」をクリックして、セッションを作成します。

●自動:各ルームに自動的に参加者が割り当てられます。
●手動:自分で参加者を各部屋に割り当てます。
【アクション❷】「割り当て」をクリックし、割り当てる人はグループに振り分けます。
【アクション❸】割り当て完了後、「すべてのセッションを開始」をクリック

知っておくと便利な機能

タイマー機能

制限時間を設けることで、グループミーティングの時間を設定し、参加者のスクリーンにカウントダウンタイマーを表すことが出来ます。

「ブレークアウトセッション」を選び、その後「オプション」をクリック

「分科会質は次の時間に自動的に閉じます」を選び、時間を決めます。

「文化室を閉じた後のカウントダウン」を選ぶと、参加している人のスクリーンに残り時間を表示できます。

まとめ

如何でしたか?今回はZOOMのブレイクアウトルーム機能を使いグループ分けをする方法について解説しました。この機能は有料のみならず無料アカウントでも使用可能なので積極的に活用していきましょう。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました