共働きが家事を自動化するためにおすすめの家電ベスト3

ライフスタイル

共働きしていると、家事に使える時間がほとんどないですよね。そこで僕の家で使っているおすすめの自動化家電をシェアします。参考にしてみて下さい。

ドラム式洗濯機

洗濯物を洗い、毎日干すのって大変ですよね。僕も同じ悩みを持ってました。

干すだけの行為でも、水がしみ込んだ衣類やタオルは重たいので持ち運ぶだけでもプチストレスがかかります。(特に帰宅後)

でもドラム式洗濯機を導入するとこんな悩みが消えます。

・スイッチオスだけで終わり

・天気に関係なく洗濯物が乾く

・夫婦喧嘩が減る

いいことづくめです。

僕の家はドラム式洗濯機を導入して4年ほどたちますが、本当に使ってよかったなと思っています。


今はドラム式洗濯機もかなり進化していて、自動洗剤投入機能、スマホ連携機能などがあるようです。

ロボット掃除機

何気にこまめに床を掃除しないと綺麗な状態を保てません。

特に女性の髪の毛は長いから目立ちますよね。

そこで、我が家ではブラーバというロボット掃除機を使ってます。

ブラーバはクイックルワイパーを使えるので、経済的。

それにサイズが小さいから、少しの隙間も入り込んで掃除してくれるんです。

自動でお掃除してくれます。

ルンバは大きな部屋だったら良さそうですが、フローリングで小さめの部屋ならブラーバで十分だと思います。

2年ぐらいたつとバッテリーがへたるので、その時はアマゾンでバッテリー交換してます。




食洗器

食器洗いもめんどくさいですよね。

我が家は食洗器購入後毎日稼働させています。

メリットは

・お皿や鍋を洗う時間が自分の時間に早変わり。

・お皿を使いまわすストレス減少

・手荒れがなくなる

・手洗いよりもキレイ

・実は水道代の節約になる

という点です。

毎日面倒くさい作業から解放されます。

ただ導入するのに10万円ほどかかるのがデメリットです。

そこで妻を説得する際につかえるのは、

実は、水道代が浮くことを伝えるといいです

食洗器は手洗いに比べて年間25,000円の節約になります。

例えば6人分の食器を洗うとして、手洗いだと約45,000円かかるのに対し、

食洗器なら、手洗いに比べて7分の1の水で洗えるため1年で20,000円しかかからないんです。

あとは、洗濯は機械に任せてるのに、なぜ食器は機械に任せないのか?という説得の仕方も効果的です。



番外編

他にもトイレやお風呂などの掃除もめんどくさいじゃないですか。

なので物は試しと家事代行サービスに頼んでみました。

お願いしたのはCasyというサイト。

2時間で5千円くらいでしたが、ヌルヌルのお風呂カバーをピカピカにしてくれました!

自分でやりたくない人はこのようなサービスを活用するのもいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました