情報発信の方法とコツ!なぜ継続できないのか?

起業

こんにちは、くぼじゅん(@kubojun1983)です。

あなたの周りにインスタグラムやTwitterを使って情報発信をしている人はいますか?

僕はサラリーマンだったころ、そんな人はほとんどいませんでしたが、自営業になると情報発信していない人を探すほうが難しくなりました。

今後は組織ではなく、個人の時代になることは明白です。

今のうちから個人の発信力を高めることをお勧めします。

しかし、情報発信をはじめてみたものの、はじめのうちは誰にも見てもらえず継続できなくなりやめる人が大半だと思います。

そこで今回は情報発信の方法とコツをお伝えします。

情報発信の方法

インターネットが普及する前は、情報の発信方法は新聞・雑誌、テレビ、ラジオなどの限られたメディアを使うしかありませんでした。

でも、インターネットの普及により個人がブログやインスタグラム、YouTube、Twitter、インスタグラムなどをつかい気軽に情報発信ができるようになったのです。

強みも何もない無名の一般人が、多数に向けて情報を発信できる時代になりました。

しかもそれは、スマホ1台あれば、国内でも海外でも世界中のどこでも可能なのです。

では、どの媒体を使って情報発信すればよいのでしょうか?

選ぶべきSNSの情報発信媒体

これは目的に応じて使い分けるといいと思います。

インスタグラムとTwitter

これらを活用することで、タイムリーで鮮度の高い情報を相手に提供することができますし、相手は投稿をさかのぼって閲覧することができます。

そうしていくと、だんだんとあなたと相手との間に信頼関係が少しづつ蓄積していきます。

このツールのいいところは1対Nの関係になること。つまりフォローが増えれば増えるほどあなたの影響力は増していくことになります。

ブログとYouTube

ブログやYouTubeは、相手が検索してみられるケースが多いです。

しかし、相手の検索を待つ形になるので、コツコツコンテンツを積み上げていく必要があります。

情報発信をするメリット

自ら情報発信をするときに、メリットはどんなものがあるのか考えてみましょう。

お金がなくても始められる

お金がある会社などでは、多額の広告宣伝費をつかい認知を獲得していますが、情報発信は自ら記事やツイートをすることで、インプレッションを獲得できます。

相手に説明するスキルがつく

どのように説明すると、相手が理解してくれるか、納得してもらえるかということを常に考えながらアウトプットするので、次第に説明スキルが上達していきます。

このようなスキルは日々のコミュニケーションでも役立つでしょう。

自分のことを知ってもらえる

自分のパーソナリティを知ってもらえます。自分の考えかた、価値観、人柄、性格を知ってもらうことでより親しんで貰いやすくなるのです。

より親しんで貰えるようにするため、プロフィール欄を詳しく書いたり、記事の中で人間味のあふれる内容にすることで、あなたのファンになってくれる人もいるでしょう。

自分の意見が固まる

コンスタントに情報発信をしていると、自分の意見が固まってきます。

そうするとブレない芯の通った人間になりますので、情報発信はメリットしかないですよね。

知識のインプットが深くなる

自分が発信したい内容を継続的に発信し続けることで、知識のインプット内容が深くなります。

ぼんやりと理解していたことが、はっきりと自分の言葉で言語化できる。

情報をアウトプットすることで、自分の知識に自信を持つことができるようになるでしょう。

なぜ、情報発信をするのか?

ここまで情報発信の方法だったり、メリットを確認してきましたが、なぜ情報発信をするのか?という目的も押さえておく必要があります。なぜなら情報発信とは毎日行うもの。目的がなければ人は継続できないのです。

まず、受信者側を見てみます。必要な情報が得られたとき、受け取り手は発信者に対し感謝の気持ちを抱きます。それが積み重なると、将来的にあなたの商品やお勧めの商品などを買ってもらいやすくなります。

次に、発信者側を見てみましょう。はじめは小さな影響力でも、良い情報を継続的に発信することで影響力はだんだん大きくなっていきます。

そうなれば、自分でコミュニティを運営するもよし、広告収入を得たり、自分の商品を販売するのもいいでしょう。

さらに、実績が高まればほかの人とコラボレーションしてビジネスが広がることも十分考えられます。

まとめ

いかがでしたか?今回は情報発信の方法とコツ!なぜ継続できないのか?について解説しました。

この記事を実践して、あなたも情報発信者となってくださいね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました